新しい時計を購入したいのでブレゲを買取に出したいです

ブレゲは腕時計の最高峰。

綺麗だなーと思って値段を見ると
平気で1000万円とか 2000万円とか書いてあったりします。
こういう値段の時計って 誰が買ってるんだろう、
と常日頃思っていますが
やはり、お金持ち、のひとことに尽きるのでしょう。

自分も 一度はブレゲを使ってみたい、
とずっとブレゲに憧れていましたが
さすがに1000万円、2000万円のブレゲには
手が出せません。

しかし、100万円台のブレゲ、
クラシックのシリーズの 手巻きの時計を所有することなら
なんとか出来ました。

初めてのブレゲは本当に達成感がありました。

時計の魅力というのは 
小さい中にも 素晴らしい技術が詰まっている
奥ゆかしい贅沢さと
やはり ステイタスでしょうか。
これを所有することが出来るようになったのだ、
という達成感がたまらないのだと 自分は思います。
こういう達成感は 多分 自分のような
庶民が感じることなんでしょうが。

そして 私が次に購入したいと思っているのが
パテック フィリップです。

ブレゲを買取に出してから パテック フィリップを買おうかな、
と思っています。

手巻きのブレゲ、というのも味があっていいものですが
散々考えて 買取に出すことにしました。

これから先も 欲しい時計は出てくると思いますので
その都度、古い時計の買取は検討することになると思います。

おいしい紅茶のいれ方ってすごい

今まで紅茶のいれ方にこだわったことがあまりなく、茶葉であろうとティーパックであろうと、結構雑多にやってしまっていました。
それこそ、雑な物言いをすれば、「色がつけばいい」みたいなやつ。
流石にテレビの貧乏エピソードのような、何度もティーパックを使うようなことはしていなかったですけどね。
昔同じことを麦茶のパックでやろうとしたら、全然味がつかなくてびっくりしたことがありました。
だからまあ、変わったエピソード扱いされてこんな風に取り上げられるんだなーと、生きて学習をした感じでしたね。
こうやって文字にしてみると、およそくだらないことすぎて笑ってしまいますけれど。
紅茶をおいしくいれる方法がかいてあるマンガかなにかを読んで、その後気になって色々な雑誌とかをチェックするようにしたら、可愛い図がついているエッセイやハウツーみたいなものがたくさん出てきて楽しかったです。
正直こういうのって、みているだけでも楽しいんですよね。
でも実は深いことが結構かいてあったりして、すごいなあとただただ感心してしまいました。

ストレスって怖いです~

先日突然、通っているダンススクールの先生からメールが来ました。
その内容によりますと、レッスン中に急派体調の変化があったそうです。
動悸にしびれ、痙攣、過呼吸。。。
緊急に病院へ行かれたそうです。
幸い、脳には異常がないようでしたが、
自律神経から来る神経症との診断を受けたそうです。

過度なストレスや緊張、疲労による神経症とのことでした。
しばらくの安静が必要ということで残りのレッスンをお休みさせてくださいとの
メールが来ました。

来月はコンクールを控えているということで
先生にかなりのストレスがかかったのだと感じています。
コンクールともなると出演者にもプレッシャーやストレスがかかることですが、
先生には自分たちよりももっと圧がかかっていたってことですね。
いつも明るく活発でさばさばした感じの先生ですが、
プレッシャーというストレスを吹き飛ばすのが難しかったのかと思うと
申し訳ない気持ちにもなります。

ストレスって本当に怖いということを実感しました。
身近にこういう症状が出てしまったという話を着たのは初めてでした。
他人事じゃないですね。